自己受容のための占星術講座【基礎編/応用編】

~星を学びながら、自分を深く知り愛する~


世の中には
自分を知るためのツールがたくさんあります。
 
その中でも占星術(星読み)は
より細やかに、詳細に
自分のことを知ることができる
とても優れた方法です。
 
ところで、“一般的な占い”って
「あなたは、こうですよ」という感じで

なんだか
“決めつけられる”ような感覚になることって、ありませんか?

でもこれって、
人はみんな、自分の人生しか経験していないので
自分の価値観や、物の観方など
どうしてもバイアスがかかってしまうのは
しょうがないことなんですよね。

このことで、
ホロスコープの持ち主の資質を
一方から決めつけることになるんじゃないか?と
悩んでいた時期がありましたが

しかし、その過程で
分かったことがあります。

占星術で扱う、それぞれの星座には
特徴的な資質がありますが

星座の表す特徴は
ホロスコープの持ち主の状態によって
現れ方が変わってくる


ということなんです。

人の状態って
日々、その時々で変わります。

きげんのいい時(自分と一致しているとき、調和しているとき)は
しっかり者で頼りになる人でも

きげんの悪いとき(自分と一致していない、不調和なとき)には
威圧的で攻撃的な人になる

なんてこともありますからね。

この講座では、
このあたりを含めての読み方をお伝えしています。

占星術は
らせん上の成長階段を表しています。

未熟な性質、
まだ育つ時期が来ていない性質を知ることで
その性質を、ゆっくりと育てることができる。

そして、成熟後に花開く本来の自分の姿に
一歩ずつ近づいていくことができるのです。

私たちは
自分本来の資質を活かしていくことで
今回の人生を、より充実して生きていけるようになります。

しかし
私たちは
生まれたから大人になるまでの過程で

“もともと自分のものではない価値観”

によって、
自分に色々な制限を課して
生きていくようになることが多々あります。

場合によってはそのおかげで
自分の資質をうまく活かすどころか
逆に否定してしまったり

また、自分のものではない資質に憧れて
そうなろうとして
自分を苦しめ続けることもあります。

それって、とてもつらいこと。

せっかく今回の人生を

「こうやって生きていこう」

と、生まれる前に決めて
設計図を描いて
その人生にぴったりの性質を
身に着けて生まれてきたのに
その性質が、うまく活かされないなんて。

※「自分で、生まれる前に決めてきた」
という考え方が苦手な方は、スルーしてください。

そう思うことでしんどくなるなら
その考え方は、今のあなたには合わないってことです。

「嫌な気持ちになる考え方は、採用しない。」
これも、自分らしく楽しく過ごすためのコツです。

どんな人にも
その人だけの素晴らしい資質があって

それを客観的に知ることで
その資質を認め、活かしやすくなります。

その際にどうしても出てくるのが
自分の否定している部分を認めるという、内なる作業です。

この占星術講座は、癒しが起こることが、よくあります。

必要に応じて
癒しのセッションが入ることがあるからです。

癒すことによって
ただ知るだけよりも
強力に、本来の自分に戻りやすくなるのです。

講座の中では、
ご自分のホロスコープと
とことん向き合っていきます。

つまり、ご自分と、とことん向き合っていきます。

特に、応用編では
ホロスコープと、これまでの人生を照らし合わせることで
どんどん、自己受容が進みます。

「これでよかったんだ」

という気持ちが
自分のすべてを受容し、肯定していくことになります。

未来の予測を立てることもできます。

過去世を知ることで今世を癒し、
さらに、今世にチャレンジしたいことを知ることもできます。

宿題もありますが、やるかどうかは自由です。

実践をすることで
自分を深く知りながら
無理なく着実に
星読みをする力を育てていきましょう。

占星術の面白いところは、

一度読んだら終わりではなく、
「こうだ」と、決まってしまうものでもなく

自身の変化・成長に合わせて
読んでいくことができることです。

前に読んだときに気づかなかったことに
あとから気づいて納得したり

「やっぱりこうだったんだ。」って
自分に対する見方を変えることができたり

変化した後に

「あの経験が必要だったんだ」と

納得することもよくあります。

自分で読むことができると
ものすごく自分理解が深まるし
日々の成長を感じやすく
より自分に、いつもいつでも、寄り添いやすくなるんです。

つまり、
これからの時代を生きていくのに必須な
自己対話をするのにぴったりなのが占星術なのです。

自分だけの成長の書。というか、
日々更新されていく、冒険の書みたいなもの。

星と一緒に生きていく。

星と対話しながら
私だけの人生を創造していく。

そんなイメージです。

ワクワクしませんか??

 ●こんな方におすすめです●

・星読みをしてもらったけど自分でも読んでみたい。
・頭で覚えるだけではなく、感覚を使って占星術を学んでみたい。
・自分のことを客観的な視点でじっくり見つめてみたい。
・自分のことをもっと知りたい。
・自分で決めてきた人生の設計図を読み解きたい。
・自分と、自分のこれまでの人生を肯定的に観られるようになりたい。
・人生の目的や、課題としてとらえておくと良いことを知りたい。
・短所と感じているところを、長所としてとらえられるようになりたい。
・「これでよかったんだ」を体感したい。
・調和しているときと不調和なときの自分の出やすい性質傾向を知りたい。

この占星術講座では

【過去世の経験と、今世の課題】

も、読むことができます。

実はこれが一番、気づきが大きい

とおっしゃられる方も多くて
大変喜ばれています。

こちらのご感想
ぜひ読んでみてください。

自分の感覚を使うと同時に、
星の感覚を使う。

内側からと外側から感じる。
中心には、あなたの身体がある。

生きることって
時に、大変なこともあるけれど

自分だけの物語を
紡いでいるみたいで
とてもおもしろいのです。

こちらの講座は
マンツーマンレッスン(個人レッスン)
ですので

とことん自分を知りたい、
自分をもっと好きになりたい、
じっくり自分に向き合いたい


あなたにおススメ。

占星術を学びながら
自分の性格や
これまでの人生について
がっつりと向き合っていけるので気づきも深く、
必要があれば、途中で癒しのセッションが入ることも。

・自分の話をとことん聞いてもらいたい
・自分の過去を認め、これからの生き方に活かしたい

そんなあなたにも、とってもおすすめです。

かなり濃厚なお時間となること間違いなしです。
自分だけの、自分を見つめる贅沢な時間を
ぜひ、楽しみましょう♪

レッスンの詳細は、以下をお読みください。


自己受容のための占星術講座【基礎編/応用編】

(※マンツーマン(1対1)レッスンとなります)

【日時】
7・8月スタート
土日コース:8月…1名さま 7月は満席
平日コース:各1名さま

≪基礎編≫-全3回-
10時~14時(または 11時~15時)
4時間×3回
(お昼休憩なし、小休憩をはさみながら進めます。)

【内容】
1.自分の出生図を作成する
2.ホロスコープについて知る
3.星を読むときに使う記号① サイン(星座)
4.サインの3区分
5.サインの2区分と4元素
6.12サインの性質
7.星を読むときに使う記号② 天体(惑星)・その他
8.10天体の性質
9.守護星
10.天体の逆行
11.星を読むときに使う記号③ ハウス
12.12ハウスの性質
13.インターセプトとステリアム(天体の集中)
14.アセンダント(ASC)のサイン
15.MC のサイン
16.[私]の両親像(心理占星術)
17.今世の課題と、前世から受け継いだ才能
18.星読みの流れ

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
 
≪応用編≫-全4回-
10時~14時(または 11時~15時)
4時間×4回
(お昼休憩なし、小休憩をはさみながら進めます。)

【内容】
1.アスペクトについて
2.アスペクトの種類
3.オーブ(許容範囲)について
4.天体同士のアスペクトを解釈する
5.占星点へのアスペクトを解釈する
6.擬人化してアスペクトを読む(簡単な読み方)
7.トランジット法
8.プログレス法(進行法)
9.ソーラーアーク法
10.サビアンシンボル
11.ドラコニック・チャート(龍頭図)
12.ホロスコープ解釈手順

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
 <以下は基礎編・応用編共通>

【場所】
ZOOM(オンライン)※ 無料WEB会議システムを利用します。
※ 詳細はお申し込みの方にお知らせします。
 
【ご用意いただくもの】
・パソコンやスマホ、タブレットなどと、インターネット環境
・お送りしたテキスト
・筆記用具
・飲み物(必要な方)
・おやつ(必要な方)
・スマホやタブレットで受講される方は、
 充電のご準備があると安心です。

【基礎編と応用編を受講後特典】
①あなたの3年先までの未来を予想する一覧表をプレゼント。
②Facebookグループに参加していただくことができます。質問し放題です。
③2か月に1度、名古屋で開催している[星読み勉強会]に参加していただくことができます。

特定商取引法に基づく表記

利用規約

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。